やまぐちの「安心」「安全」牛肉
 

モーモー畜産だより

バックナンバーはこちら

山口県畜産共進会 第65回和牛共進会が開催されました!

 10月27日、山口中央家畜市場にて『第65回和牛共進会』が開催されました。
 毎年開かれているこの共進会は、県内各地から選抜された優秀な牛が集まり、その体型や資質、品位などを競い、その年の山口県のチャンピオンを選ぶ大会です。
 また、畜産農家と畜産事業にかかわる方々が一堂に集まる場でもあるので、畜産農家の方の飼養技術の向上に努力された成果を展示し、さらに今後の県産和牛の取り組みの方向性を全員で確認する場にもなっています。

《入賞者》
若牛3区 農林水産大臣賞 みなつ4号 赤木さん(萩市)
若牛2区 生産局長賞 じゅん号  小林さん(岩国市)
若牛1区 中四国農政局長賞 ふくちゃん号 松尾さん(長門市)
産肉能力区 優等1席 ちはる号・あおい号 田村さん(山口市)
総合優勝 山口東農業協同組合・あぶらんど萩農業協同組合

 今年のチャンピオンに選ばれたのは、萩市の赤木さん出品『みなつ4号』でした。
 評価された点は、抜群の体積感。後方、側方どこから見ても、その深み・伸びは他を圧倒するものがありました!

 

無角和種の豆知識

 この日展示された牛に「無角和種」という品種がいます。
 牛には通常角がありますが、山口県阿武町福賀の自然豊かな環境で放牧されている角のない和牛が、無角和種です。
 無角和種は、欧米で一番おいしい肉牛アバディーンアンガス種を山口県阿武・萩地区で飼育されていた在来和牛と交配して生まれました。現在では山口県にしか飼養されておらず、肉質の良さからも県を代表する特産品のひとつです。

 

女性審査競技に高校生も参加されました!

 山口県内で肉用牛を飼育しておられる女性が実際に審査員となって牛の審査を競う『女性審査競技』が行われました。
 毎年恒例となったこの競技に、今年は山口農業高等学校より7名の生徒の方々がオープン参加として審査を体験しました!
 生徒の皆様は牛の体型を横から後ろからくまなく観察し、実際に触って毛の柔らかさを確認するなど、そのまなざしは真剣そのものでした。県内肉用牛の振興の担い手として、将来の活躍が楽しみです!

 

おわりに

 今回の山口県畜産共進会では、全体出品の45頭のうち、県が所有する種雄牛(=優れた遺伝子をもつ雄牛)の出品が5頭でした。そしてそのうちの2頭が入賞牛に選ばれました。山口県が一体となって県産和牛の改良に研さんし、5年後に開催される『第12回全国和牛能力共進会』に向けて取り組んでいきましょう!

 
Copyright JA ZENNOH YAMAGUCHI All Rights Reserved.