「山口米応援団づくり研修会」を開催!
 

 山口米の消費拡大を図るため、山口米のファン作りを目的として消費者の方を対象に10月13日(土)に山口米についての研修会を開催しました。
 当日は幅広い年齢層の16名の消費者が参加され、稲の刈り取りから乾燥・調整、その後の精米に至るまでの過程を研修しました。

(1)刈取作業の見学
 山口市名田島地区の有限会社名田島農産の圃場でのコンバインでの刈取り見学や、生産したお米については、生産履歴が管理されていることなど安全・安心な米作りをされているお話をうかがいました。皆さん高速のコンバインの迫力に圧倒されていました。

(2)乾燥・調整施設の見学
 山口市二島のグレンプラザやまぐちにて、籾の搬入から乾燥・貯蔵に至るまでをJA山口中央の道中次長さんより、施設の説明を受けながら見学しました。まさに刈取り最盛期の中、次々と籾が搬入されて、リフトもフル稼働している中での見学でした。

(3)山口米センターの見学
 施設概要と精米に至る過程を研修しました。今回は数ある山口米商品の中で、無洗米に重点を置いて研修しました。実際に数種類の商品を試食しながら、それぞれの特徴や山口米についての意見交換をおこないました。無洗米を初めて食べられた方や、生産履歴が検索できる安心システム米「きら星」を初めて知った方など、もっと山口米を知っていただく機会をもつ必要性を痛感しました。

 最後は山口米センターと同じアグリ総合センターの敷地内にある、JAグリーンコアやまぐちで買い物を楽しまれた後、今回の研修を終了しました。