山口県産晴るる合格祈願米
 

 12月5日(水)、防府天満宮にて、「合格祈願米」のお祓いが行われました。
 これは、受験生の合格祈願の成就を応援しようと企画されたもので、例年好評をいただいています。
 今回お祓いを受けたお米(玄米)は32.4トンの山口県オリジナル品種「晴るる」。
「合格祈願米」は、JA山口美祢が実践している「金太郎飴戦略」に基づいて栽培された「晴るる」を使用しています。

 精米された後「合格祈願米 無洗米晴るる」として、県下JAをはじめパールライス取扱店(県内米穀店、量販店)にて12月14日(金)〜2月末までの期間限定で販売されます。1袋2キロと5キロの2種類を用意しています。

 学問の神様で有名な菅原道真公が祀られている防府天満宮。御利益のある「合格祈願米」を食べて、笑顔で春を迎えよう♪


「金太郎飴戦略」とは、どこを切っても同じ絵柄の金太郎飴のように、品質と美味しさの安定を図ろうというもの。そのために、栽培にあたって生産者は「5つの約束」を実行している。
〈5つの約束〉
 1.秋鋤きと、土壌改良資材の投入による土づくり
 2.薄まき、細植えによる健康な稲づくり
 3.田植え時期を限定した一等米づくり
 4.穂肥を限定した良食味米づくり
 5.共同乾燥施設利用でブランド米づくり

【お問い合せ先】
 山口農協直販株式会社 パールライス課 Tel:083−988−0628