無洗米「きら星」でつくる親子de料理教室
 

 「きら星」は、ふっくら光沢のある炊きあがりの「ヒノヒカリ」、香り高く粘りの強い「ひとめぼれ」を最高の割合(7:3)でブレンドした、いわば「いいとこどり」のお米です。この「きら星」は、お米の袋に掲載してある数字からインターネットを介して生産情報を確認することができる「やまぐち安心システム米」なのです。おまけに、昨年地球に優しいお母さんにも優しい無洗米にリニューアル。パッケージも一新しました。

 無洗米のよさ・「きら星」のおいしさをもっと県民のみなさんに知っていただくために、9月30日まで『山口米きら!きら!キャンペーン』を開催しています。そのキャンペーンの一環で、夏休みの企画として「親子de料理教室」を5つの会場で開催しました。

 今回は、その内の第1回目の宇部会場・3回目の周南会場におじゃました様子をお伝えします!


担当の桐生さんから説明を受けます


ごはんを炊きま〜す

7月31日・宇部会場
講師:藤井郁栄さん

 料理は、「うら巻き寿司・手まり寿司、大豆とかぼちゃのスープ、ふわふわオレンジゼリー」の4つ。
 洗わないでいいお米「きら星」の説明に続き、今日の献立の作り方を一通り説明します。みんな視線が一生懸命。30分の説明のあと、いざ調理へ。

 うら巻き寿司は、のりを内側にして具を巻き、ごはんをゴマでお化粧していきます。
 この作業が子供達には大人気。好きな具を入れられるということで、色んな種類の巻き寿司ができました。また手まり寿司は生ハム・炒りたまごなどの上にゴハンを置いてラップで丸めるというシンプルなもの。「今日そろえたものじゃなくてもいいんですよ。お家に帰られてオリジナルのものを作ってみてください」と藤井先生。

 かぼちゃを切る手があぶなかしくて、お母さんもヒヤヒヤドキドキのスープ制作。最後にクリームを落して、お店でいただくような仕上がりになり大満足の子供達。
 オレンジゼリーは、かき混ぜると不思議なことにフワフワに。みんな一生懸命混ぜたおかげで、フルフルなゼリーができました。


完成作品


藤井先生直伝!上手に巻けました


うら巻きに挑戦!ひっくり返すぞー!

好きな具を巻いていきます

まぁるくなぁれ♪手まりになぁれ♪

きれいに出来たね!さぁ盛りつけだ

きれいに盛りつけ!

後片づけもちゃんとやるよ!

8月8日・周南会場
講師:野菜ソムリエ柳井さつきさん

 料理は「オクラとトマトのまーぼー丼、トマトの酢みそ和え、えだまめプリン」の3つ。

 まずは、時間がかかる枝豆プリンから取りかかります。
 枝豆はさやから取り出し、すでにゆでてある状態からのスタート。上手にミキサーにかけ、ゼラチンを加えたら、好きな器に入れて冷やします。
 その間に、まーぼー丼の具を作ります。
 おくらやミニトマトなど夏の野菜がたっぷり!全ての材料を炒めていると、ニンニク・しょうがの香りが食欲をそそります。
 最後にトマトの酢みそ和え。「トマトと酢みそ、だまされたと思って食べてみて!」と柳井先生。みんな絶妙な味に驚きです。まーぼー丼や酢みそ和えを食べる子供達をながめ、「ウチのコ、トマト嫌いだったのに・・・」という声も聞こえました。

 今回の親子教室では、初めて無洗米を使ったというお母さんが多かったのですが、無洗米についての説明を聞き、実際に使ってみて「研がずに炊けるのは便利だ」という感想を多く聞くことができました。


完成作品


どんぶりにのせるオクラを切ります


野菜ソムリエの柳井先生の大根クイズ

お米を真剣に量ります

お水もちゃんと量らなくちゃ

見えてるかなー?(^ー^)

野菜を入れるよー

ごはんの上に具をのせて完成

できたー!!

いただきまーす!

おいしーい?