正直やまぐちレシピ:2008年4月5日放送分
バラの巻き寿司

(1人分)
エネルギー …………
390kcal
たんぱく質 …………
11.1g
塩   分 …………
1.6g

(4人分)
┌米 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 2カップ
├だし昆布 ‥‥‥‥ 5センチ1枚
├水 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 2カップ
└みりん ‥‥‥‥‥‥‥ 大さじ1
┌酢 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 大さじ3
├砂糖 ‥‥‥‥‥‥‥‥ 大さじ2
└塩 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 小さじ1
・さくらデンブ ‥‥‥‥ 大さじ3
・海苔 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 2枚
・卵 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 3個
・砂糖 ‥‥‥‥‥‥‥‥ 大さじ1
・塩 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 少々
・たらこ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1腹
・紅しょうが ‥‥‥‥‥‥ 20g
・野沢菜の漬物(10センチ位)
       ‥‥‥‥‥‥ 15本



[1]

すし飯をつくる。
米を洗い、昆布、水を入れてご飯を炊く。炊き上がったら、みりんを加えて蒸らし、合わせ酢を加えて手早く混ぜる。

[2]

すし飯の2/5にさくらデンブを混ぜておく。

[3]

海苔を切っておく。
3本作るので、2枚の海苔の長い辺を2等分にして4枚にし、1枚を他の3枚に足すために3等分にしておく。

[4] 卵を調味して、薄焼き卵を6枚つくる。
[5] ピンクに色づけしたすし飯を3つに分け、その1つ分を18等分にし、丸めて薄焼き卵の2枚に互い違いに9ずつ並べて、さらにたらこをその間に並べ、上に紅しょうがを散らす。
[6] [5]を短い方の端から巻き、もう1枚の上にのせて一緒に巻いて1本にして、ラップで包んでおく。
[7] [3]で切っておいた海苔の1/2と、それを更に1/3等分したものを巻きすにのせ、酢めしでのり付けする。
[8] 端を3センチ空けて、白い酢めし1/3を広げ、3センチ間隔で菜箸を使って5ヵ所筋目を入れてそこに野沢菜を置く。
[9] 中央にバラの部分になる[6]の卵巻きを巻き終わりを下にしてのせる。
[10] 具材を押さえながら巻きすを持ち上げて、手前の海苔の端を向こうのすし飯の端に合わせたら、グッと手前に引いて締める。巻きすの端を上へ持ち上げ、前方に少しすべらせて寿司を回転させ、丸く巻いて形を整え、4等分に切って皿に盛る。