正直やまぐちレシピ:2000年7月30日放送分

 

★しめ卵のすまし汁




材料
卵 ……………………………………… 2個
塩 ……………………………………… 小さじ1
水 ……………………………………… 3カップ
   
だし汁 ………………………………… 3カップ
水 ……………………………………… 3と1/2カップ
だじ昆布…………………………………… 10cm角
削りかつお……………………………………10g
塩 ……………………………………… 小さじ1
薄口しょうゆ ………………………… 小さじ2/3
三つ葉 ………………………………… 20g

作り方
[1]. 卵はよくときほぐして、塩を入れた沸騰湯に流し入れ、底をかき混ぜて中火にし、卵が固まったら、布巾にとって水気をしぼり、手早く巻きすにまいて形をととのえ、冷めてから適宜に切る。
[2]. 三つ葉はゆでて結ぶ。
[3]. だし汁に調味する。
[4]. 椀にしめ卵と三つ葉を入れて熱い汁をはる。

key=玉子,タマゴ,たまご,汁物

★なすのみそはさみ揚げ


材料
なす ……………………………………… 2〜4本
みそ ……………………………………… 50g
さとう …………………………………… 大さじ3〜4
酒 ………………………………………… 少々
片栗粉 …………………………………… 少々
ししとう ………………………………… 8本
揚げ油

作り方
[1]. みそにさとうを加え混ぜ合わせておく。固さを酒で調節する。
[2]. なすはへたを切り落として半分に切り、さらに斜め半分にしてそれぞれ切り込みを入れる。
[3]. 切り口に片栗粉をつけ[1]のみそをはさみ、全体に片栗粉をまぶす。
[4]. ししとうは種を取っておく。
[5]. 180℃に熱した油で[3]、[4]を色よく揚げる。

key=ナスビ,なすび,茄子,揚げ物,味噌

★うなぎずし


材料
すし飯
米 ………………………………………………… 3カップ
うなぎかば焼き ………………………………… 大1尾
きゅうり ………………………………………… 2本
塩 ……………………………………… 小さじ1/2
みょうが ………………………………………… 3個
いりごま ………………………………………… 大さじ1
紅しょうが ……………………………………… 20g

作り方
[1]. 米は別記のすし飯の炊き方を参照して炊く。
[2]. うなぎは電子レンジで2分さっと温め一口幅に切る。
[3]. きゅうりはうす切りにし、塩をしてしんなりしたら水気をしぼる。
[4]. みょうがは薄い小口切りにし、水に放ち後水を切る。
[5]. いりごまは、切りごまにする。
[6]. すし飯が人肌くらいになったら[2].[3].[4].[5].を加えて混ぜ、器にもる。
[7]. 紅しょうがのせん切りを上におく。

key=ごはん,ご飯,寿司,スシ,鰻,ウナギ,ショウガ,生姜,キュウリ

★サイダーかん


材料
粉寒天 ………………………………………… 1袋
水 ……………………………………………… 1カップ
さとう ………………………………………… 40g
サイダー ……………………………………… 1カップ

作り方
[1]. 分量の水を入れ、粉寒天をふり入れて、よくかき混ぜ、火にかけて煮溶かす。(沸騰後2分くらい)
[2]. 煮溶けたらさとうを加えてかき混ぜながら、更に2〜3分煮詰め、火からおろして混ぜながら荒熱をとる。
[3]. ボールに冷えたサイダーを入れ、[2]の寒天液を加えながら、泡立器で手早く混ぜ合わせ、ぬらした缶に流し入れ、冷やし固める。
[4]. 冷やした器に盛って、緑の葉を添える。

key=デザート,お菓子


すし飯の炊き方(3カップ・できあがり約1050g)

材料
すし飯 ……………………………………………… 3カップ
水 …………………………………………………… 約4カップ
だしこんぶ ………………………………………… 8cm
みりん ……………………………………………… 大さじ1
酢 …………………………………………………… 0.3〜0.33カップ
さとう ……………………………………………… 大さじ1.5〜2
塩 …………………………………………………… 大さじ1.5〜1.7

作り方
[1]. 米を洗ってざるにあげ、1〜3時間おく。
[2]. だしこんぶをふきんで拭いて切り目を入れ、分量の水にしばらく浸けておいてから中火にかけ、煮立つ直前に火を止めて、こんぶを取り出す。
[3]. [2]のこんぶだし(3.3〜3.4カップ)を炊飯器に入れ、[1]の米を入れて、普通 に炊く。
[4]. スイッチが切れた直後にみりんをふり、ふたの下にふきんをはさんで7〜8分むらす。(普通 のご飯は、12〜13分むらす。)
[5]. ご飯を炊きはじめたら、酢・さとう・塩を合わせて、少しあたためておく。
[6]. 蒸らしたご飯をすしおけに移し、[5]の合わせ酢をかけて、木じゃくしでさばきながらまぜ、うちわであおいで、つやのあるすし飯とする。(具をまぜる場合は、調味して準備したものを合わせ酢につづいて入れる。)