正直やまぐちレシピ:2004年4月11日放送分
ふきとちくわのフライ&ふきの黄金揚げ


画像をクリックすると大きい画像が開きます

(4人分)
◆共通
・ふき ‥‥‥‥ 1束(400g)
・小麦粉 ‥‥‥‥‥‥‥ 大さじ3
・卵 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 1個
・揚げ油 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 適量
◆ふきとちくわのフライ
・ちくわ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 4本
・パン粉 ‥‥‥‥‥‥‥ 1/2C
・ふきの葉 ‥‥‥‥‥‥‥‥ 1枚
◆ふきの黄金揚げ
・かにかまぼこ ‥‥‥‥‥‥ 2本
・小麦粉 ‥‥‥‥‥‥‥ 大さじ2
・スウィートコーン
 (クリームスタイル缶)
      ‥‥‥‥‥‥ 100g
・塩 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 少々
◆ふきとちくわのフライ
(1人分)
エネルギー …………
146kcal
たんぱく質 …………
5.6g
塩   分 …………
0.7g
◆ふきの黄金揚げ
(1人分)
エネルギー …………
178kcal
たんぱく質 …………
4.0g
塩   分 …………
0.5g

(一度に両方作っていきます)

[1]

ふきの皮を除き、ちくわ4本分ほどちくわの穴に通してちくわからはみ出した部分を切り落とす。
残りは5cmの長さで斜めの輪切りにし、10分ほど水につけておく。
(アクが多いようなら、ちくわに入れるふきもすこし水につけておく)
ふきの葉をみじん切りにし、水につけてアク抜きをする。

[2]

かにかまぼこは5cmに切り、ほぐしておく。

[3] ふき、ふきの葉をざるにとり、水気をとる。
ザルにキッチンペーパーを敷いておくと便利!
ふきの葉は、ざるにとったらキッチンシートごと丸め、水道水でもみ洗いして最後にきゅっと絞ると簡単。
[4]

パン粉にふきの葉を入れ、軽く混ぜる。

[5]

ふき入りのちくわを小麦粉、溶き卵、[4] の順につける。

[6]

ボウルに黄金揚げのふきとかにかまぼこを入れ小麦粉をまぶす。(これがつなぎになる)

[7]

[5] で残った卵(少ないようなら1つ加える)にスウィートコーンを入れ、硬さを調節しながら小麦粉を混ぜ、最後に塩をいれて黄金揚げの衣をつくる。

[8]

170℃の油であげる。
ちくわのフライ…あら熱がとれたら食べやすい大きさに切る。
黄金揚げ…衣の中に [6] を入れてよく混ぜて揚げる。
このとき、おたまで形を整えて油の中に流し入れるようにする。バラバラにならないように箸で押さえておくとよい。

[9]

器に盛り付けて完成。