ごはんで毎日健康に!

■生活習慣病の予防にもごはんを

 日本の三大死因である「ガン」「心疾患」「脳血管疾患」や糖尿病、高血圧などの生活習慣病は、食物繊維の摂取が不足していることに原因があるようです。食物繊維は胃腸を刺激して活発にさせる効果、すなわち脂肪を消化するために分泌される胆汁酸や消化されなかったたんぱく質などが大腸内の悪玉菌によって発ガン物質に変えられるのを防ぐ役目を果たします。

 近年では若者を中心に日本食離れが進んでいますが、食物繊維を毎日コツコツとしかも着実に摂取するにはごはんが一番ではないでしょうか。健康への関心が高い欧米諸国では、肥満や生活習慣病の予防にごはんがいいことを理解しているので、ちょっとした日本食ブームを呼んでいます。

 

■美容にもいかが?

 玄米を精米するときに取り除かれる米ぬかは、日本人の日常生活のなかで利用されてきました。

 例えばさらし布で作った袋に米ぬかを詰めた“米ぬか袋”で体を洗うと、肌に付いた汚れを落とす作用があるだけでなく、ビタミンの働きでシミ予防にもなります。袋から汁がでなくなったら取りかえ時です。

 また、米ぬかの食物繊維を効果的にとるには食べるのが一番。ぬかを使った食品といえば“ぬか漬け”が代表的ですが、ハンバーグやギョウザなどに混ぜて食べてもいいでしょう。米ぬかにはミネラルやビタミンが豊富に含まれているので便秘の解消にも最適です。お米屋さんで買える米ぬかを使って、体の内側と外側からより健康に美しくなりましょう。

米ぬかの栄養比較

 

 

♪こちらのページもどうぞ♪
消化吸収されにくい難消化性でんぷんって!?「ごはんの食物繊維」
和食を見直そう!「ごはんで正しくダイエット」
毎日のごはんをもっと美味しく「おいしいごはんの炊き方」

このページの一番上へ移動

Copyright © JA ZENNOH All Rights Reserved.