やまぐち米News!

きらら産業交流フェア2013

 10月19日・20日に山口きらら博記念公園(山口市阿知須きらら浜)で、きらら産業交流フェア2013が開催されました。このイベントは、県産品の展示・販売や参加・体験型の多彩なイベントを開催し、山口県の魅力を県内外に発信しています。(今年から名称と内容がリニューアルされました。)

 県内の米卸5社・全農やまぐちなど米穀流通関係者で構成される「山口県おこめ流通協議会」からは、お米の精米を体験できるブースを出展しました。

 ときおり雨粒が落ちる中、多くの方にご来場いただき、会場は午前中から賑わいました。会場のきららドームを外に抜けると、月の海側で多くの飲食ブースが並んでおり、とても美味しそうな香りが漂っていました。

 

 「山口県おこめ流通協議会」のブースでは、山口県産の新米をその場で精米して無料配布し、山口県産米のおいしさをPRしました。

 

 精米体験の方法は、玄米を計って精米機に入れ、お米の量とお好みの精米ボタンを押して精米スタート。白米の場合、1合につき約1分で精米できます。

 

 この日用意したお米は、山口市阿東町の冷涼な気候ときれいな水に育てられたコシヒカリの新米です。


朝から多くの方が足を止めてくださいました


お米を展示、お好みにあわせて精米できます


胚芽米や分つき米について説明


精米後はぬかが残ります

 取材させていただいたのが、イベント初日の午前中ということもあり、地元の方が多く、「野菜や果物を買いに来た」という声が多く聞かれました。

 

 普段どのようにお米を購入されているかと聞くと「農家の親戚からもらっている」、「近くのJAで買っている」、「スーパーで山口県産を選んで買っている」など、多くの方が地元産のお米を食べていることがわかりました。

 

 なかには、農家のご夫婦もいらっしゃいました。今年のお米の出来を聞くと「夏が暑すぎた」とのこと。猛暑、そして豪雨災害など大変な年でした。「なんとか収穫できてよかった」というご夫婦。


精米を待つ間、いろんな話に花が咲きます


やまぐち米PRグッズも展示

 お昼近くになると、小さなお子様連れの家族が多くなりました。「ごはんとパンどっちが好き?」と聞くと「ごはん!」と元気に答えてくれました。パンや麺類などにおされ、お米の消費量は年々減少しています。小さなお子さんにごはんの方が好きと言われると嬉しくなってしまいますね。

 

 下関市から来られたご夫婦は、地元の道の駅でいつも買うお気に入りの産地があるそうです。他にも、県内の産地の名前をあげる方が多く、みなさん山口県のお米どころをよく知っていらっしゃるようです。今回お配りした阿東町のお米も美味しいので是非食べてくださいね。

 

 宇部市から来られた女性は、いつも親戚から玄米で買って、近所のコイン精米で7分つきに精米しているそうす。分つき米や胚芽米などを好まれる、健康志向の方が多いのにも驚かされました。

 

 イベント2日間、合計でおよそ90キロの玄米を精米しました。消費者のみなさんがどのような基準でお米を選び、どのように食べているのか、たくさんのお話を聞くことができ、とても勉強になりました。これからも美味しい山口米をたくさん食べてくださいね。


スイッチを押して精米スタート!


精米したお米は袋につめてプレゼント


「ありがとう」と元気な子供たち


会場に「笑味ちゃん」登場!


ドームの中にはたくさんのブース

精米まめ知識

 「胚芽米」は、玄米からぬか層を取り除き、芽が出る部分(胚芽)だけを残して精米されたお米です。この胚芽の部分には、ビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養素が多く含まれていることから、白米と比べて美容や健康によいといわれています。

 

 「5分」「7分」というのは、玄米の状態から少しずつ精米した「分つき米」です。数字が小さいほど玄米に近く、数字が大きいほど白米に近くなります。玄米では、ボソボソして食べづらく苦手な方も多いようですが、5分、7分と精米率を上げていくと、白米に近づき、食べやすくなります。もちろん玄米の方が栄養価が高いので、数字が小さい方が健康によいといえます。

このページの一番上へ移動


Copyright © JA ZENNOH YAMAGUCHI All Rights Reserved.