●高血圧について ●予防するには?

●高血圧に多い合併症

●高血圧に効く食べ物

●血圧の測り方  

●高血圧について
 低血圧と違ってこわい病気につながりやすい高血圧は、本態性高血圧と呼ばれる、遺伝、肥満、運動不足などの原因でおこる場合と、二次性高血圧と呼ばれる腎臓の疾患やホルモン異常などの病気が原因の場合があります。後者の二次性高血圧は、原因の病気を治せば血圧も正常に戻ります。しかし、前者の本態性高血圧は、食事や運動などの生活習慣が原因の場合もあり、これらを改善し、根気よく治す必要があります。
 血圧とは、心臓から送り出された血液が血管の壁を押す力のことで、最高血圧が140mmHg未満、最低血圧が90mmHg未満が正常値といわれています。常に、最高血圧160mmHg以上、最低血圧95mmHg以上の状態を高血圧と判断しているようです。

●高血圧に多い合併症
 血管は年をとると弾力性がなくなり、硬くなってしまいます。これが動脈硬化と呼ばれる状態です。狭くなった血管では血液の流れが悪くなってしまい、それを改善しようと心臓はよりたくさんの血液を送ろうとします。その結果、血圧は更に上がってしまい、血管にも負担が増えていきます。
 動脈硬化が進むと、血管が破れて出血したり、詰まってしまったりします。これが脳で起こることを脳卒中といい、その部分に関係する脳の働きが低下したり、働かなくなってしまったりと様々な症状が起こってしまいます。脳梗塞や、脳出血、くも膜下出血なども脳卒中のひとつです。

●血圧の測り方
 血圧は、1日のうちでも変動するので、毎日同じ状態で決まった時間に測るようにします。測ると姿勢は座っていても寝ていてもかまいませんが、毎日同じ姿勢で測ります。食事の直後や、アルコール、カフェイン(コーヒーなど)を飲んだ後や、タバコを吸った後は避けます。
 最近は、デジタル自動血圧計が手頃な価格で販売されているので、血圧が高く、食事や生活習慣にこころがけている人は、是非毎日チェックして自分の健康管理をしましょう。ただし、数字を過信しないで、定期的に医師の診断を受けることが大事です。

●予防するには?
 まず、食事については、バランスのとれた食事をとることはもちろんですが、塩分の摂りすぎ、アルコールの飲み過ぎに注意しましょう。塩を減らすためには、ただ味を薄くするだけではもの足りなく感じてしまうので、酸味や香味をプラスして味付けに工夫をします。しょうゆをかけるところを、レモンや柚子などに変えたりするだけでかなりの減塩効果があります。酢の物も、ごまや唐辛子などで工夫して塩分を減らして食べてみましょう。お酢は健康によいので、酢の物の苦手な方もこれからは好んで食べれるように、オリジナルレシピに挑戦してみてはいかがでしょうか。
 運動は体に負担をかけない程度の軽いものから始めます。急に激しい運動をすると血圧が上がりかえって危険です。また、ストレスや緊張も血圧を上げる原因になります。なるべくリラックスして、休日には散歩や軽い運動などでストレスをためないように心がけ、睡眠をしっかりとりましょう。




Copyright © 2004 JA ZENNOH YAMAGUCHI All Rights Reserved.
JA全農やまぐち・トップページ

月経前症候群
ポリフェノール
ミネラル
ビタミン
紫外線


歯周病
口内炎
肝臓とアルコール
糖尿病
カルシウム
コレステロール
ツボ(2)
ツボ(1)
脳卒中
ドライアイ
慢性頭痛
ダイエット(2)
ダイエット(1)
下痢
便秘(パート2)
便秘(パート1)
花粉症
肩こり

貧血
風邪
高血圧
低血圧
夏バテ
むくみ
食欲不振
疲労
不眠
腰痛
冷え症
二日酔い


農産物のお話