カルシウム

●日本人とカルシウム ●骨粗しょう症
●カルシウムの役割 ●カルシウムを上手にとろう

●日本人とカルシウム
 日本は先進国の中でもカルシウム不足が目立つ国です。それは、食生活の変化や土壌の性質とも関係しています。
 まず、カルシウム不足の原因として食生活の欧米化や加工食品の増加があげられます。日本食は、カルシウム豊富な魚料理とお野菜などの小鉢が並ぶバランスのとれた食事といわれていました。しかし、最近は麺類や丼のような一品料理、インスタント食品に頼ることが多くなっています。こんな食事を毎日続けていたら栄養のバランスは崩れてしまいますね。
 さらに、日本人のカルシウム不足には土も関係していました。日本の土壌にはもともとカルシウムが少ないため、水やその土壌で栽培される野菜のカルシウム量も少ないのです。これは、私たちにはどうすることもできない問題です。
 最近、話題のミネラルウォーターは、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルを多く含んでいます。カルシウム不足は気になるけど、食べ過ぎも気になる人は、水道水を使うところをミネラルウォーターに替えてみてはいかがですか。でも、商品によって含有量は違うので、栄養成分表をちゃんと見比べてみてね。

●カルシウムの役割
 カルシウムは体内で合成できないので、食べ物から摂取するしかありません。体内にあるカルシウムの99%は骨に貯蔵され、骨の形成に使われています。残りの1%は、血液中や細胞にあり、心臓や脳の働き、筋肉、ホルモンの分泌、血液の凝固作用などの重要な働きをしています。
 毎日、カルシウムは骨を作るために使われたり、体外に排泄されたりして消費されていきます。不足してくると骨に貯蔵されているカルシウムが血液中に溶けだし、血液中のカルシウム濃度を一定に保とうとします。骨の貯蔵量が少なくなると、骨は成長できず、スカスカでもろくなってしまいます。この骨がもろくなった状態を骨粗しょう症といいます。

→Next



Copyright © 2004 JA ZENNOH YAMAGUCHI All Rights Reserved.
JA全農やまぐち・トップページ

月経前症候群
ポリフェノール
ミネラル
ビタミン
紫外線


歯周病
口内炎
肝臓とアルコール
糖尿病
カルシウム
コレステロール
ツボ(2)
ツボ(1)
脳卒中
ドライアイ
慢性頭痛
ダイエット(2)
ダイエット(1)
下痢
便秘(パート2)
便秘(パート1)
花粉症
肩こり

貧血
風邪
高血圧
低血圧
夏バテ
むくみ
食欲不振
疲労
不眠
腰痛
冷え症
二日酔い


農産物のお話