口内炎

●口内炎について ●口内炎に効く食べ物
●口内炎を予防するには  
●何科を受診したらいいの?  

●口内炎について
 口内炎とは、口の中の粘膜部分にできる炎症の総称。その症状や原因はさまざまですが、一般的に多いのは「アフタ性口内炎」と呼ばれるものです。アフタ性の特徴は、クレーターのように丸く、中央部が浅く窪んだ白っぽい潰瘍が1個から数個できます。それによって食べ物や飲み物がしみたり、食べ物があたって痛くなったり、できた場所によっては痛みで思うようにしゃべれなくなってしまいます。だいたい1〜2週間で治りますが、何度も繰り返しできる場合は「再発性アフタ口内炎」と呼びます。
 アフタ性口内炎の他にも「カタル性口内炎」と呼ばれる赤く炎症を起こす口内炎があります。主な原因は口の中に住み着いている細菌の感染によるもので、体調不良や虫歯や歯槽膿漏なども影響しています。
 その他に、ヘルペスなどに感染してできる「ウィルス性口内炎」、カンジタ症などのカビが原因の「カンジタ性口内炎」、ヘビースモーカーに多い「ニコチン性口内炎」、アレルギーによる「アレルギー性口内炎」などがあります。さらに、白血病やベーチェット病、クローン病といった他の病気が原因で口内炎ができる場合もあるので、たかが口内炎とあなどらずに、普段と違う症状があらわれたときは専門医に相談しましょう。

●口内炎を予防するには
 口内炎の原因は、主に体調不良、ビタミン不足、精神的ストレス、細菌への感染、誤って自分で噛んでできた傷などさまざまです。まずは、口の中を清潔に保ち、体調の不調を感じたら早めに休息をとり、栄養を補給することです。虫歯や歯槽膿漏も口の中の細菌を増やしてしまうので、きちんと治療しましょう。
 歯ブラシは自分に合った硬さを選び、ていねいにブラッシングします。ただし、口内炎ができてしまった場合は炎症部分を傷つけないように気を付けます。歯磨きができない時でも食事の後は必ずうがいをするように習慣づけましょう。

●何科を受診したらいいの?
 口内炎の原因がわからないときは、とりあえず耳鼻咽頭科か、かかりつけのお医者さんに診てもらいましょう。口内炎の原因によっては歯科や内科の方がよいかもしれません。とりあえず自分で判断できない場合は医師に何科を受診すべきなのか相談してみましょう。
 また、歯の噛み合わせが悪かったり、入れ歯が合ってないと、いつも同じところに傷ができ、そこが口内炎になる場合があります。このような場合は歯科医に相談してみましょう。

→Next



Copyright © 2004 JA ZENNOH YAMAGUCHI All Rights Reserved.
JA全農やまぐち・トップページ

月経前症候群
ポリフェノール
ミネラル
ビタミン
紫外線


歯周病
口内炎
肝臓とアルコール
糖尿病
カルシウム
コレステロール
ツボ(2)
ツボ(1)
脳卒中
ドライアイ
慢性頭痛
ダイエット(2)
ダイエット(1)
下痢
便秘(パート2)
便秘(パート1)
花粉症
肩こり

貧血
風邪
高血圧
低血圧
夏バテ
むくみ
食欲不振
疲労
不眠
腰痛
冷え症
二日酔い


農産物のお話