歯周病

●歯周病について ●歯と歯ぐきのケア
●プラークって? ●歯周病に効く食べ物
●おいしく生きるために  

●歯周病について
 「りんごをかじったら歯ぐきから血が出た」なんてことはありませんか?虫歯になると歯医者に行くのに、歯ぐきの炎症や出血はそのままにしてしまう人が多いようです。しかし、歯を失う原因の多くは歯周病にあるのです。
 歯周病は、歯と歯ぐきの間にバイ菌がたまって歯肉に炎症が起こり、さらに歯槽骨(アゴの骨)を溶かしてしまうこわい病気です。特に痛みもないので、見過ごしがちですが、そのままにしておくと歯周病は悪化し、歯がグラグラ・・・なんてことになりかねません。

●プラークって?
 みなさん「プラーク・コントロール」って言葉を聞いたことがあると思います。この「プラーク」とは歯垢のこと。歯を爪でこすると爪についてくる黄白色のものが歯垢(プラーク)です。口の中には常にたくさんの細菌が住んでいて、私たちが食べる食べ物をエサとして増えていきます。食べかすがたまりやすい歯と歯の間、歯と歯肉の間は細菌たちの住みよい環境といえます。
 私たちは毎日ちゃんと歯磨きをしますが、果たしてきちんと磨けているのでしょうか。歯の表面を磨くことも大切ですが、歯垢のたまりやすい歯ぐきと歯の間も気を付けて磨くようにしなければいけません。しっかりプラークを落として口の中は清潔に。

●おいしく生きるために
 毎日おいしく食べるために、歯の健康はとても大切。でも「年をとったら歯は抜けるもの」とあきらめていませんか。年をとってから歯を失う原因では、虫歯よりも歯周病の方が多いのです。歯周病は早い段階で気づけば、毎日のケアによって自分で治療することが可能です。しかし、症状があまりなく痛みもないので、気づかずに悪化させてしまう人が多いようです。
 虫歯もなく、しばらく歯科医にかかってない方は、是非これを機会に歯科医に足を運んではいかがでしょうか。

→Next



Copyright © 2004 JA ZENNOH YAMAGUCHI All Rights Reserved.
JA全農やまぐち・トップページ

月経前症候群
ポリフェノール
ミネラル
ビタミン
紫外線


歯周病
口内炎
肝臓とアルコール
糖尿病
カルシウム
コレステロール
ツボ(2)
ツボ(1)
脳卒中
ドライアイ
慢性頭痛
ダイエット(2)
ダイエット(1)
下痢
便秘(パート2)
便秘(パート1)
花粉症
肩こり

貧血
風邪
高血圧
低血圧
夏バテ
むくみ
食欲不振
疲労
不眠
腰痛
冷え症
二日酔い


農産物のお話