紫外線

●紫外線について ●SPFやPAってなに?
  ●紫外線対策

●紫外線について
 春から夏にかけて薄着で外へ出かけたい季節ですが、この季節は女性の大敵である紫外線量も増えています。紫外線とは太陽光に含まれる人の目には見えない光成分で、私たちに肌に影響を与えるUVAとUVB、そしてオゾン層で吸収されて地表には届かないUVCの3種類があります。
 UVB(中波長)の量はUVAの10分の1程度ですが、皮膚や目にとって有害です。UVBを浴びた日焼けでは、直後から肌が赤く炎症をおこし、皮がむけたり水泡ができるなど、サンバーンと呼ばれる状態になります。
 もうひとつのUVA(長波長)は紫外線の大半を占めています。UVBは肌の表皮に影響を与えますが、UVAは更にその奧の真皮にまで届きます。真皮まで届いたUVAは、皮膚内部にダメージを与え、赤くはならずに数日後に色素沈着を起こしサンタンと呼ばれる状態になります。UVAはガラスなども通すので、車内や室内でも油断は禁物です。
 紫外線を浴びると、紫外線から皮膚細胞のDNAを守るためにメラニン色素が作られ、肌を守ってくれます。これが日焼けの状態です。しかし、一度に多くの紫外線を浴びるとメラニンの量が増えすぎてシミの原因となるのです。メラニン自体は肌を守るために大切な役割を果たしているのですが、女性にとってシミは大敵。できれば紫外線から肌を守ってシミの原因を作らないことが大切です。
 紫外線量は、春先から強くなり5〜8月が多く、1日のうちでは、午前10時ごろから午後2時ごろがピークです。さらに太陽が出ていない曇った日や雨の日でも紫外線は意外と多いので、日中外出する際は紫外線対策が欠かせません。

→Next



Copyright © 2005 JA ZENNOH YAMAGUCHI All Rights Reserved.
JA全農やまぐち・トップページ

月経前症候群
ポリフェノール
ミネラル
ビタミン
紫外線


歯周病
口内炎
肝臓とアルコール
糖尿病
カルシウム
コレステロール
ツボ(2)
ツボ(1)
脳卒中
ドライアイ
慢性頭痛
ダイエット(2)
ダイエット(1)
下痢
便秘(パート2)
便秘(パート1)
花粉症
肩こり

貧血
風邪
高血圧
低血圧
夏バテ
むくみ
食欲不振
疲労
不眠
腰痛
冷え症
二日酔い


農産物のお話