ビタミン

●ビタミンについて ●ビタミンA ●ビタミンD
●ビタミンと水と油 ●ビタミンB ●ビタミンE
  ●ビタミンC  

●ビタミンについて
 人の体に必要な栄養素は、炭水化物、たんぱく質、脂肪の大きくわけて3つ。でも、これらの栄養素を体内でエネルギーに変えたり、皮膚や筋肉を作るための材料にするにはビタミンが必要なのです。ビタミンにはいろいろな種類があって、それぞれが重要な役割をしています。

●ビタミンと水と油
 ビタミンの種類には水溶性と脂溶性があるということはご存じでしょうか。よくビタミンCは水に溶けやすく加熱に弱いので、ゆでたりするとビタミンCの損失が多いと言われます。これはビタミンCが水溶性のビタミンだからです。水溶性のビタミンは水に溶けて油には溶けません。体に吸収しきれなかった水溶性ビタミンは、体内に貯蔵されることなく排泄されてしまいます。このことから、水溶性のビタミンは食事ごとに小分けに摂る必要があります。逆に脂溶性ビタミンは体内に貯蔵されて、必要に応じて使われます。そのためビタミンA、Dなどの脂溶性ビタミンは過剰摂取に気を付けなければいけません。最近はサプリメントで簡単に補えますが、1日の摂取量をきちんと守って使いましょう。

→Next



月経前症候群
ポリフェノール
ミネラル
ビタミン
紫外線


歯周病
口内炎
肝臓とアルコール
糖尿病
カルシウム
コレステロール
ツボ(2)
ツボ(1)
脳卒中
ドライアイ
慢性頭痛
ダイエット(2)
ダイエット(1)
下痢
便秘(パート2)
便秘(パート1)
花粉症
肩こり

貧血
風邪
高血圧
低血圧
夏バテ
むくみ
食欲不振
疲労
不眠
腰痛
冷え症
二日酔い


農産物のお話